2016_子牛感染症対策事例について of tokachi_nosai

G_2016.png

 子牛感染症の高被害農場において十勝NOSAIが実施する子牛感染症対策(一般損害防止事業)を平成23~25年度にかけ実践した結果、事故率が大きく低下しましたので、その概要について報告いたします。
 


 
 畑作兼業で繁殖和牛60頭、子牛等80頭を飼養し、疾病予防として畜舎消毒やワクチン接種等を実施していました。
 

 
グラフ1.jpgグラフ1 年度別病傷頭数 平成22年度における子牛の病傷頭数(グラフ‐1)は肺炎や腸炎を主体に37頭で頭数被害率22.7%、死廃頭数(グラフ‐2)も肺炎や腸炎に加え胎児死で26頭、頭数被害率16%といずれも事故多発状況にありました。また、異動状況(グラフ‐3)については、1月~3月の冬期間に出生と導入が多く蜜飼状況にありました。





グラフ2.jpgグラフ2 年度別死廃頭数グラフ3.jpgグラフ3 異動状況
 

 
図1改.jpg図1 感染症予防プログラム病因検索の結果に基づく治療と感染症予防プログラム(図‐1)の見直し、あわせて計画的な導入と人工授精の実施、また平成24年度には子牛等の畜舎を増築した結果、病傷・死廃事故ともに減少傾向で推移し平成25年度における病傷の頭数被害率は8%、さらに死廃においては頭数被害率が5.5%までに減少しました。
 
 
•分娩前の親牛全頭に下痢5種混合ワクチンを接種
•生後1ヶ月前後でバイコックス経口投与
•生後1~2ヶ月齢で全頭にリスポバルワクチン接種
•生後3ヶ月齢以降で全頭に5種混合生ワクチン接種
 

 
 下記に示したとおり、主にワクチンプログラムの継続、計画的な人工授精と更新、周産期および出生子牛の管理を強化することで事故は減少し、今後も、この農場における事故低減に向けた取組みに期待しています。
 
 
•感染症予防プログラム
ワクチン(下痢5種、リスポバル、5種生)接種
バイコックス投与
•授精回数(出生数)のコントロール、定期的な導入計画
•定期的な牛群更新
•十分な分娩監視、冬季出生牛の保温
–出生後十分な初乳給与(初乳製剤は補助的に使用)
–冬季の分娩コントロール
–母牛の飼養管理、特に分娩1ヶ月前からの栄養管理の充実
–虚弱子牛の予防
•異常牛の早期発見、早期往診依頼
•定期的な牛舎消毒
 

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年